箱庭セラピスト養成講座

箱庭療法は、ローエンフェルトが子どものための心理療法として考案したものを、カルフがユング理論を背景に発展させたもので、河合隼雄らによって日本に広められた精神療法です。

カウンセラーは箱庭制作しているクライアントを受容的態度で見守ることが大切です。クライアントは自分の製作した箱庭を眺め、カウンセラーが時にはクライアントに気づきを促す質問をする事でていると無意識が何かを発見し、内的自己を統合していき、治癒効果を高めていきます。同時に問題解決されていく場合も多いのです。

『日本箱庭療法研究会』では、箱庭療法講座(箱庭療法セミナー)を開講し、『箱庭心理セラピスト』の養成を行っております。カウンセラー(セラピスト)もこの講座をとおして、自身の気づきを得る事が多いようです。

講座開催日 随時募集中
時間 8時間
※2~4日間に分けて受講いただく事も可能です。
場所 横浜市港北区日吉本町3-45-18 107号室
交通アクセス 東急東横線 日吉駅から乗り換え・横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉本町」駅下車 駅から徒歩1分
(お申し込み後詳しい地図をお知らせいたします)
講師 田辺 初美
電話番号 045-561-6400
受講料金 55,000円 (再受講5,000円)
定員 1~4名
参加資格 特にございません。どなたでも受講していただけます。
認定書発行 日本箱庭療法研究会が発行する箱庭心理セラピストの認定証が発行されます。
仮予約について お申し込みされた時点では仮予約となります。受講料のお振込みが確認できた時点で正式な予約確定となります。先に仮予約をされていても、他の方がご入金され予約確定となり、かつ、定員に達した場合は仮予約は取り消しとなります。
キャンセルについて 受講料振込み後のキャンセルについては受付しておりませんので、予めご了承の上、ご自身のスケジュールをご確認された上で、お申し込み、お振込みください。

お申込みはこちら